わたしたちは、読谷村都屋にある「読谷村診療所」を運営する一般社団法人です。

ブログ

☆冬場にこそ必要なビタミン〇〇☆

2023.01.19

連日寒い日がつづいていますが、
今日は冬場にみなさんの大切な健康を維持するために、
是非ともとりいれたいアレについてお話ししたいと思います。
さて、沖縄ではコロナインフルエンザ
同時感染が起こっています。

特に最近はインフルエンザA型が流行しています。
だからといって、過度に行動を制限することなく、
普通の生活を続けながら、
人とコミュニケーションを取るときのマスク着用や、
外出から帰宅した時の手洗い・うがいなどを
淡々とおこなっていきましょう。
今日は、冬場に絶対に必要な冒頭でちょっとお話した
「アレ」が重要っていう話をお伝えしたいと思います。

 その「あれ」とはビタミンDです。

 昨年に、ビタミンDにはインフルエンザ感染
新型コロナウィルの重症化を予防する効果があり、
一番簡単なビタミンDを取る方法として、
日光浴をオススメしました。

晴れた日には、日光浴を試してみましょう。
今の時期であれば、10〜15分程度で十分です。

さて、このビタミンDですが、
十分な量を摂取することで様々な効果が
期待できると考えられています。

今回ご紹介する効果は免疫力の強化」についてです。

ビタミンD濃度をしっかり維持することによって風邪
インフルエンザの予防や
新型コロナウィルス感染症の重症化予防が期待できます。

これは今の時期、本当に重要ですよね。
さらに、免疫力を強化することで、
ガン自己免疫疾患の予防が期待できると言われています。
しかしこのビタミンD
現代の日本人には
圧倒的に不足していることがわかっています。

栄養について関心の高い患者さんが
集まるあるクリニックの採血データでは、
十分なビタミンD濃度だった患者さんの割合は
なんと5でしかなく、
8割以上の患者さんが不十分だったそうです。
これは驚きです。
私たちがビタミンDを摂取する方法は3つしかありません。
1 日光浴びる
2 食事から摂る(特に魚を食べる)
3 サプリメントを飲む

1つ目は今お伝えしました。
2つ目の食事ですが、 特に魚にビタミンDが多く含まれており、
積極的に食べることでビタミンD濃度を
増やすことができます。

3つめのサプリメントです。
日本人のビタミンD不足についてお伝えいたしました。
食事だけでは十分と過信せず、
「サプリメントを摂取しておく」というのは、
実は重要な選択肢になると思われます。

実際に購入するとなると、
いろんな会社から販売されていて迷うかも知れません。

含有量が十分で、
品質が信頼できるものを選ぶことが重要ですので、
当院含めてサプリメント等に
詳しいかかりつけの先生に相談するのがいいと思います。

ちなみにお値段も様々だと思いますが、
私や当院のスタッフが使用している
ビタミンDのサプリメントは1ヵ月で約800円と、
そこまで高額ではありません。

それでは今日のまとめです

1 ビタミンDはインフルエンザの感染予防、
  新型コロナウィルス感染症の重症化予防効果が期待できます
2 日光浴と魚を食べること、そしてサプリメントを
  上手く活用してビタミンD 濃度を上げていきましょう。


多鹿昌幸

アクセスマップ

― ACCESS MAP ―

〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村都屋167

グーグルマップによる経路案内にリンク

お問い合わせ

CONTACT US

ご質問やご相談はお電話・メールで承っております。


[月・火・木・金]/9:00-17:00 [水・土]/9:00-12:00


診療時間
診療時間
午前の診療
[9:00-12:00]
/
午後の診療
[14:00-17:00]
/ / /
通所リハビリテーション
[8:30-17:15]
△※ △※ /
受付時間

午前 [8:30-11:00]
午後 [13:30-16:00]

※水曜日と土曜日の午後はお休みになります。
※水曜日と土曜日の通所リハビリテーションは午前中のみです。

※日曜日・祝日・年末年始の休日・慰霊の日は、休業日です。

アクセスマップ

〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村都屋167