わたしたちは、読谷村都屋にある「読谷村診療所」を運営する一般社団法人です。

ブログ

☆今日のテーマは"笑い"☆

2022.12.29

みなさまおはようございます。
今年最後の村診療所からのお知らせです。

村診療所は昨日で年内の外来業務を終了し、
現在は訪問診療のみの対応を行っております。
年始の外来開始は1月4日になります。

さて、あらためまして。
沖縄のコロナ感染者数は増えつつありますが、
今年は行動制限がなく、
親戚・知人と久しぶりに会う方も多いと思います。

普段の生活を続けながら、
飲食の前や外出から帰宅した時の
手洗い・うがいなどを
淡々とおこなっていきましょう。

そして、これまでにもお伝えしてきていますが、
一番大切なことは「免疫力」を高める
生活をすることです。

最終的に頼るべきはワクチンではなく、
自分自身の免疫力だということを
忘れないようにしたいものです。

そういう意味でも、
今回の話もとても重要ですよ。

日常生活の中で免疫を高めてくれる、
とても簡単に実行できることがあります。

それは「笑い」です。

じつは笑いは体をリラックスさせ、
免疫をあげる方法として
非常に有効であることが
科学的に証明されているんですね。

笑いと言えば、
沖縄でもおなじみの吉本興業ですが、
この吉本新喜劇をガン患者さんに見せたところ、
たった5分みただけで、
ガン細胞を直接攻撃する免疫細胞が増え、
活性化されたんですね。

免疫細胞が増えるということは、
感染症にも効果が期待できそうです。

それ以外にも、
糖尿病患者さんに漫才を聞かせたら
血糖値が改善されたそうです。

また、笑いには運動や呼吸としての側面があります。
笑うと顔の表情筋を使います。
そして、腹筋や横隔膜などを使って腹式呼吸をするんですね。

ですので、30秒以上笑い続けると
実は腹式呼吸のトレーニングにもなり、
自律神経を刺激して、
リラックスした状態をつくりだします。

日頃緊張している生活をしていると、
ストレスホルモンが多く出て、
免疫が下がることが分かっています。

リラックスすることで
ストレスホルモンが少なくなり、
結果的に免疫力が上がるんですね。

では、どう笑うかですが、
特に決まりはありません。

自分が楽しいと思える、
会話・漫才・落語などで楽しく笑いましょう。

通常は面白い、
楽しいから笑うと考えてしまいますが、
「笑いヨガ」というプログラム指導者の方がおっしゃるには、
面白い話がなくても、
笑うことができると上級者だそうです。

みなさん、
今日からなんでもいいですので
1日1回以上は大笑いしてみましょう。

さて、今日のまとめです。
1 笑いには体をリラックスさせ、免疫力をあげる効果があります。
2 漫才、落語、日常会話など好きなものを活用しながら、1日1回以上大笑いしてみましょう。

因みに、今、年末の大掃除をされている方も多いと思います。
大掃除とは今年1年のうちに
積もったホコリや垢を祓って(はらって)、
新年にあたらしいエネルギーをいただくための
大切な行事です。

実は、「笑い」にはお祓いと同じ効果があると
ある神主さんがおっしゃってました
笑う門には福来たるですね。
年末は家族の皆さんで楽しいことを考えて大笑いし、
体に積もった1年の垢やホコリをお祓いしましょう。

多鹿昌幸

アクセスマップ

― ACCESS MAP ―

〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村都屋167

グーグルマップによる経路案内にリンク

お問い合わせ

CONTACT US

ご質問やご相談はお電話・メールで承っております。


[月・火・木・金]/9:00-17:00 [水・土]/9:00-12:00


診療時間
診療時間
午前の診療
[9:00-12:00]
/
午後の診療
[14:00-17:00]
/ / /
通所リハビリテーション
[8:30-17:15]
△※ △※ /
受付時間

午前 [8:30-11:00]
午後 [13:30-16:00]

※水曜日と土曜日の午後はお休みになります。
※水曜日と土曜日の通所リハビリテーションは午前中のみです。

※日曜日・祝日・年末年始の休日・慰霊の日は、休業日です。

アクセスマップ

〒904-0305 沖縄県中頭郡読谷村都屋167